プロペシアは頭頂部及び前中頭部における男性型脱毛の治療に使われています。プロペシアは男性のみの使用に限定されており、女性または小児には使用してはなりません。

  • ホーム
  • 遺伝的要素のある薄毛治療にも有効なプロペシア

遺伝的要素のある薄毛治療にも有効なプロペシア

薄毛の問題は昔から多くの人を悩ませてきました。
その様な症状を緩和させる方法はこれまでも数多く開発されてきましたが、原因となるメカニズムを解明し、その治療技法が確立されたのはつい最近のことです。
人間は誰しも年齢を重ねると髪の毛が薄くなる傾向にあります。
抜け毛が増えてきたり髪の毛の一本一本が細くなって薄くなってくるのは誰もが体験し得る問題であるとも言えます。
しかしながら薄毛の問題の中には若いうちから深刻な状態になるケースも少なくありません。
いわゆる遺伝的な傾向が確認できるケースもあり、体質的に抜け毛が多い人も少なくないのです。

その様な若くして抜け毛が多くなる症状の中に男性型脱毛症と呼ばれるものがあります。
この男性型脱毛症はある種の男性ホルモンの働きが抜け毛を増やす作用を持っていることが分かっています。
そしてこの様な症状が発生するケースを男性型脱毛症と呼んでいます。
この症状のメカニズムは既に解明されており、ある種の男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛の進行を制御することが出来ることも分かっているのです。
近年になってという名前で盛んに宣伝されていた治療がありますが、このAGA治療こそ男性型脱毛症のために確立された治療法なのです。

AGA治療の特徴は何と言っても抜け毛の治療に対して医学的に有効性が認められた飲み薬が存在していることにあります。
いわゆるサプリメントとは異なり、医師の判断が必要な処方薬であるという点がこれまでの薄毛の対処法と大きく異なる点です。
ホルモンバランスに強烈に作用する薬であるため、医師の判断が必須となっているのです。
治療の適用は男性のみであり、女性には使うことが出来ません。
非常にリスクがあるために一般薬局での購入は出来ないのです。
この薬の名称をプロペシアと言います。