プロペシアは頭頂部及び前中頭部における男性型脱毛の治療に使われています。プロペシアは男性のみの使用に限定されており、女性または小児には使用してはなりません。

髪を触る男の人

プロペシアはフィナステリドという成分が含まれている、男性型脱毛症に対する治療薬です。
この薬が男性にしか使用できない理由としては、男性型脱毛症の原因が挙げられます。
男性型脱毛症の原因は個人、またライフスタイルなどによって様々ですが、いちばんは男性ホルモンの影響だと言われています。
男性ホルモンが特定酵素の作用を受けることで発毛や育毛を阻害する物質へと変換されてしまうために、抜け毛や脱毛が発生すると言うメカニズムです。
プロペシアの効果で、男性ホルモンと特定酵素の結合を阻害する働きがあります。
女性の体内でも男性ホルモンは分泌されており、それが薄毛や脱毛と言った頭髪トラブルの原因になることはあります。
しかし女性の中で分泌されている男性ホルモンの量はごく僅かです。
そのため、プロペシアでその働きを阻害しても頭髪トラブルの改善は期待できないとされています。
それどころか、ごくわずかな量の男性ホルモンに影響を及ぼすことで、却って健康に害が及ぶ可能性が出てきてしまったり、女性ホルモンの分泌バランスが崩れてしまうことにもなりかねないとされています。
女性にとって女性ホルモンは、心身の健康を司っている重要な存在です。

また頭髪にトラブルに関しても、女性ホルモンの分泌量が大きく関係しています。
つまり女性の場合は、プロペシアで男性ホルモンに影響を及ぼすよりも、女性ホルモンの分泌量などを改善した方が、頭髪トラブル改善効果は高いと言うわけです。
そのため、プロペシアの利用は男性にしか認められていません。
女性がプロペシアを利用した場合の影響は、時にその女性のみならず、女性の胎内に宿っている命に及ぶこともあります。
その胎児が男児であった場合、性器形成が未熟になる可能性がありますし、女児であった場合にも何らかの影響が出てくることがあるとされています。
そのため、特に妊娠と縁がある女性は、プロペシアに触れることも禁じられています。
また、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアも発売されています。
フィンペシアはジェネリック医薬品ですから価格が抑えられつつも効果はプロペシアと同様です。
もちろん女性が触れることも同様に禁じられていますので、こちらも扱いには注意しましょう。